FC2ブログ
topimage

2019-10

本年もよろしくおねがいいたします - 2013.01.17 Thu

新年あけましておめでとうございます。


ごあいさつが遅くなりましたが、今年のお正月は久しぶりにのんびりしました。

いつかしたいと思っている、写真や資料の整理をしようと思っていましたが、ついつい家にいると、まったりとしてしまいます。

結局、手つかずで、今度の連休にしよう!とまたまた先延ばしにしてしまいました。


「明日からしよう、と思っていることは、今日からしよう!」



「明日できることは今日しない!」

のふたつの名言に板ばさみになる、2013年の幕開けです。


お休みの間に、ショップカードを新しく作成しました!

IMG_2612.jpg

これは下刷りの段階ですが、なかなか素敵に仕上がったのでは・・・と思っています。^^

構成はイギリスの風景と、アンティーク雑貨と、お店の写真です。

イギリスの風景は私がイギリスで撮影したものです。他からの転用はないです。

こちらのショップカードは、商品を購入いただいた際に同包させて頂いています。


また、SCAMPさん(大阪のナチュラルなお洋服のお店です)にも置かせていただいています。

SCAMPさんはとっても素敵なお店で、建物も洋館でとっても素敵なんです・・・。

(楽天ショップもされてます→HP)

IMG_0043.jpg

お正月はおせちをいっぱい食べました。

お雑煮にかずのこ、大好き。

子供たちはおせちをほとんど食べないので、かなしい。


おせちは両親がお店でたのんでくれていました。(豪華!)

日本の美意識がぎゅーっとつまっています。

感謝しつつ、私もそろそろおせち、作らないといけないいい年だわ・・・としみじみ。毎年のことですが。

みなさん、どうされてますか?


IMG_0059a.jpg


自分で揚げるくしかつ屋さん。

あまり経験がないので、子供たちはせっせと小麦粉→パン粉→油の中にじゅーっ、をくりかえしていました。

おもしろいので、ロンドンでも流行りそう!


IMG_2633.jpg

お正月にUPしたシェルフです。

もちろんイギリスで購入したアンティークシェルフです。

雰囲気がかわいくて素敵なシェルフ。

下の写っているピンクのチェストを販売していた、イギリスのかわいいお店で購入しました。

とてもおすすめなお品です。


末永く、孫の代まで(笑)使っていただけると、嬉しいです。



年末にプリンタートレイをご購入いただいたY様からメールをいただきました。

とっても雰囲気のいいプリンタートレイなのですが、裏面に木の収縮による割れがみられるお品でした。

「裏面のひび割れは、パテで埋めてみて、大切に使おうと思います。
 ありがとうございました!」

と、メールの最後に書かれていました。

とてもとても、嬉しくて、暖かい気持ちをいただきました。

イギリスからはるばる遠い日本へやってきて、アンタブリエのお店から旅立っていったアンティークたち、素敵に飾られているところを想像してしまいます。


日本も古いものが好きな人が多い。

似ているところがあるなあと時々思うのです。

撮影秘話 - 2012.12.17 Mon

写真の撮影はむづかしいものです。

プロのような立派な道具はなく、簡単な反射板とカメラで撮影しています。

蛍光灯の光はあまりきれいに撮れないし、色が違って見える感じがするので、試行錯誤した結果、自然光で撮影しています。

自然の光はなんでだかわかりませんが、うちの商品に合っているようです。

なので、とても時間が限られますが、午前中の光が一番きれいです。

そして、曇りの日。晴れもいいのですが、反射がしやすいので、曇りがいちばん明るく、素直な光が入ってきます。

商品の色をそのままお伝えするために、何枚も撮影して確かめます。

写真の構図は、ほとんどその時に決めます。
撮影しながら、相性のよさそうなアンティークをどんどん替えていって、最初とはぜんぜん違ったディスプレイすることが多いです。

ホーローふたつきバケツ

こちらの写真では大きさがわかりやすいように、また、水色がどんな青かわかりやすいように、黄色を持ってきたり・・

後から全部やり直し、なんてこともしょっ中です。

商品をイギリスで見て、一目惚れ。
日本でお掃除しながら、また惚れなおして。
撮影で、またまた惚れなおして。

と、どんどん愛着がわくアンティークです。


アンティークティン

こちらは、ちょっと冒険して、はじめて午後の光で撮影した商品。
どうでしょうか。
商品の色はありのまま撮影できましたが、全体的に暖かみのある仕上がりになりました。


商品の持ち味が最大限にひきだせるよう、今後も撮影に気合いを入れて頑張ります。



最後にひとことだけ。

今日は夕方にうれしい知らせがありました。

幼稚園からで、下の子の絵が絵画展で入選したとか!
しかも、9万点くらいの応募の中からだそうです!すごい!

何日か前に、サンタさんにお願いするプレゼントは「100色のペン」と手紙に書いていた下の子。

きっとサンタさんは、いっぱいの色鉛筆を持ってきてくれるよ!

ハロウィーンてなに? - 2012.10.26 Fri

IMG_6702.jpg

ハッピーハロウィーン!

こちらは子供が学校のクラブ活動で作ったマリオのハロウィン飾りです。
マリオ大好き我が家では、大好評です。
マリオ、ルイージ、ワリオは指人形になっていて、とりはずせるすぐれもの。

クラブの先生もなかなかセンスある~。

ところで、ハロウィーン、今では日本でもだいぶ聞き慣れてきましたね。
ハロウィーングッズもたくさん販売されてるし、ディズニーランドなどやユニバーサルスタジオなどもハロウィーンで盛り上がってます。

でも、いまいち「日本でいうお盆?」という感じがいなめない、ハロウィーン・・・。
そもそも、ハッピーハロウィーンって、ハッピーなんて言っていいのだろうか?


そこで、ハロウィーンについて、調べてみました!

まず、ハロウィーンはアメリカからと思いきや、ヨーロッパがはじまりだそうです。

昔に、大陸からヨーロッパに移り住んだケルト系人(この時点で歴史に詳しくない私にはむずかしいのですが・・・)の、1年の終わり日とされてるのが10月31日だったとか。
その日の夜は精霊や魔女が出てくると信じられていて、これらから身を守るために仮面を被り、魔除けの焚き火を焚いていたそうです。(こわいですね・・・)

その名残で今では、かぼちゃをくりぬいてキャンドルをともすようです。(ジャック・オー・ランタン、最近よく聞きますよね)
魔よけに、こわ~い顔に彫るんだそうです。日本のはかわいすぎる?!

子供たちがお菓子をもらいに歩いたりするのは、カトリックの昔の儀式と合わさってからのようです。
仮装は魔よけの為で、お菓子はもともとはケーキで、ケーキを分配してもらう時に、亡くなった親戚などの霊の天国への道を助けるためのお祈りをするよ、ということだったそうです。

今は、「お菓子をくれなきゃ、いたずらするよ!」ですよね。(笑)

(私は宗教のことは詳しくないのですが、カトリックとはもともとは関係なかったものが、こうして関係ある行事になっていったようですね。ヨーロッパやアメリカでも他宗教の学校などではハロウィーンをお祝いしないところもあるそう。)


ところで、まだ謎なのが、なぜハッピーなのか・・・。

おそらく、もともとの意味の10月31日が1年の終わりの日で、「日没が新しい日のはじまり」という考え方からのようです。
ハッピーニューイヤーと同じようですね。


日本では、習慣がちがう他の国からのイベントですが、クリスマスと同じようににぎやかに楽しむのもいいですよね。
そういう日本人、変かもしれませんが、嫌いじゃないです。(^^)
ちなみに、今日本で流行ってるパーティー風なのは、アメリカ流らしい。

日本て平和だな~と嬉しくなってしまいます。




IMG_6643.jpg

こちらは最近UPしました、とてもかわいいイギリスアンティークのバスケットです。

アンティークなので、大事にディスプレイしたいところですが、実はどんどん使ってほしいバスケットです。
すごく状態がよくて、とても軽く、すべすべしていて、使いやすい大きさなのです。

玄関に置いていても、とても目をひくのではないでしょうか。

先日、ロハスフェスタでバスケット(おそらくアジアからの輸入品)をたくさん見ました。
同じようなの、なかったです!

もちろんお手頃価格でしたが、やっぱり違います。
見た目でわかるのは、荒くて、手にささりそうな感じ、ということですが、やっぱりバスケットのもつ雰囲気かな。

もちろん、アジア製のバスケットもかわいいのがあって、私もいくつか持っています。


こちらのバスケット、本当にかわいいので、お気に入っていただけたら、嬉しいのですが。

(商品ページhttp://www.untablier.com/SHOP/unt00132.html)


では、よいハロウィーンを・・・。   

オリーブの木の枝の値段 - 2012.09.27 Thu

やっとのことで家のオリーブの木の枝を切りました。
ずっと暑かったので、さぼりがちだった木の手入れですが、ようやくこのところ涼しくなってきたので、伸びすぎた枝を切りました。

植えたときには、「オリーブはなかなか大きくならないよ」なんて知り合いの植木屋さんが言ってたけど、毎年どんどんでかくなり、いまでは幹は10cmもある大木に!

そんな大木化したオリーブに、先日は鳩さんたちが巣づくりをはじめる始末。
青虫くんはよく見かけるけど、さすがに鳩にはびっくりです。

秋は好きだけど、虫たちの季節でもあるので、木もきれいにしておかないと。
がんばって、ごみ袋9袋分ものの枝を切りました。
木もさっぱりして、風もとおって気持ち良さそう?!です。

でも、こんなにたくさんの葉っぱ、ごみに出していいのかな?と思いつつ出すと、「剪定ごみは有料です」とぺたっと紙が貼られて返ってきました。

有料か・・・。仕方ないけど・・・。でも、なんか、もやもやするものがあります。
わが自治体ではごみ袋1個につき130円だそうです。
みなさんのお家ではどうしていますか?



IMG_6303.jpg
*アンティーク トフィーティン*

新着のアンティークのご紹介です。
イギリスのお菓子の有名なメーカー、マッキントッシュ社のトフィー(ソフトキャンディー)の缶です。
トフィーはキャラメルのような飴ですね。

1936年~の缶ですが、とてもイギリスらしい、かわいいイラストです。
お店の商品ページには載せれませんでしたが、当時こんなトフィーが入っていたようです。

220px-Quality_Street_1.jpg

この会社はチョコレートでも有名で、今ではネスレと合併しています。
ネスレのクリスプ入りのチョコレートバーなども、開発していたのは、マッキントッシュだとか。

ちなみに今でもイギリスのチョコレートはおいしいと思います。
デパートのチョコレートコーナーも豊富だし、専門店もたくさんあります。
日本ではゴディバなどが人気で私も好きですが、イギリスではゴディバよりおいしいのがたくさんあるよ!との声も・・・。

話がそれましたが、イギリスでは有名なマッキントッシュ社のヴィンテージのトフィー缶、
当時の演劇の主人公のイメージで描かれた絵柄だそうです。
演劇というところがまたイギリスっぽいですよね。

かわいらしい馬車や犬などが描かれていて、女の子チックなアンティーク雑貨です。

ホーローのトレイ - 2012.09.18 Tue

こんにちは!

ブログの名前とサブタイトル、そしてプロフィールを新しく更新しました。

お伝えしたいこと、そのままを文章にするのって、むずかしい・・・。

私なりにがんばってみましたが、どうでしょうか。
(あんまり、変わってない?地味に変わってます・・・)



今日は素敵なホーローのトレイをご紹介します。

IMG_6269.jpg

使いやすいサイズなので、こんな風にデスクまわりで使うのはどうかな、と思いました。
学校のプリント入れ、とかもいいですね。

これは一応、子供部屋のイメージです。

我が家の場合は、とりあえず入れる郵便物入れ、にも活躍しそうです。(笑)



四角いトレイですが、ひとつの角だけ、水をそそぐ口の形になっていますので、
ほんとは水回りで使っていたのだと思います。

すごくきれいないい状態のトレイなので、アンティークとは思われないくらいです。

しかし、手に持つと、ずっしりとした分厚い手ごたえが。
最近の中国などで作られているホーローとはやっぱり厚みや表面のつやがちがいます!



こちらのホーローは、イギリスで売りに出されているときには、とても薄汚れていましたが、
こちらで清掃したら、つやつやがよみがえりました。

大きなサイズですので、ホーロー製品にしては、すごくお買い得価格かな、と思っています。


裏面にBRITISHの刻印もあります。

IMG_6265.jpg

参考までに、きちんと水回りで使うとこんな感じです。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

untablier

Author:untablier
アンティーク アンタブリエ

インテリアやふだんの生活がとても楽しくなるような、
かわいい雑貨と家具をご紹介します。

雑誌で見たペイントの家具、
しっかりとしたバスケット、
昔なつかしいホーロー
ロゴの入った陶器やブリキ缶・・・

昔なつかしくて、新鮮に感じるイギリスの雑貨と家具です。


本物にこだわるあまり、一念発起して、つたない英語でイギリスまで買い付けに行きました。
数ある中から商品のコンディションがよいものだけを紹介しています。


仕事と2児の子育てに奮闘中。大阪在住。

インテリアコーディネーターですが、現在は休業中。


イギリスやヨーロッパの雑貨ってどこに売ってるのだろう?とお探しの方と巡り合えますように・・・。



にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
にほんブログ村

ブログランキングに参加しています。ぽちっと押していただけたら、励みになります。

最新記事

カテゴリ

アンティーク雑貨 (21)
イギリス買い付け日記 (9)
イギリス話 (4)
おしらせ (9)
本 (2)
暮らし (16)
おでかけ (2)
お店紹介 (3)
料理 (1)
日々の出来事 (8)
- (0)

最新コメント

月別アーカイブ

ブロとも一覧


ロンドン工夫しながら豊かな生活

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR