FC2ブログ
topimage

2019-09

やさしい国 - 2012.05.26 Sat

イギリスは紳士の国、といいますが、こんなことがありました。

帰国の日、ホテルから空港へむかう地下鉄を間違えてしまい、どこかで引き返さなくてはならなくなりました。
重いスーツケースに、大きなカバンと、貴重品の入ったショルダーバックを持つ私には、あってほしくないミスでした。

イギリスでは、古い建物が多いため、エレベーターやエスカレーターがついている駅は少ないです。
それに、長い間故障しているなんてことも、よくあるらしいです。

気がついてすぐの駅で降りると、そこはかなりローカルな駅で、もちろん階段のみ。
階段を一度下って、向かいのホームまで行かなくてはなりません。

でも、すぐに男性が「もちましょうか?」と助けてくれました。あまりの重さに、大変そうでしたが・・・。
上りの階段も、違う男性が助けてくれて(たぶん10代か20代)ほんとに、泣きそうなくらいうれしかった。
にっこりサンキューというと、とても照れたような笑顔をされるのがジェントルマンだな・・・と感じました。


日本人は優しい、親切だと外国の人は言うけれど、帰国して駅で重い荷物を運んでいても、誰も助けてくれませんでしたよー。

しばらく、あー日本人は冷たいな・・・と思っていたら、先日、娘が携帯を落としてしまう出来事がありました。

そして1週間後、無事に警察に届けられていました。
やっぱり、こういうところが日本はすごいですね。
ロンドンだと、たぶん無理だと思います。
というか、他の国でも難しいかも。

やっぱり日本って、いいところですね。(単純です)

IMG_4492.jpg
*イギリスのドラックストア、ブーツの前。イギリスでは、基本、みんなほとんど信号無視です。
行けるときに行く、という感じ。おおらかなのか、せっかちなのか・・・*

ブログランキングに参加しています。
クリックしていただければ、励みになります。
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
にほんブログ村

イギリス買い付け日記 4日目 «  | BLOG TOP |  » イギリス買い付け日記 3日目

プロフィール

untablier

Author:untablier
アンティーク アンタブリエ

インテリアやふだんの生活がとても楽しくなるような、
かわいい雑貨と家具をご紹介します。

雑誌で見たペイントの家具、
しっかりとしたバスケット、
昔なつかしいホーロー
ロゴの入った陶器やブリキ缶・・・

昔なつかしくて、新鮮に感じるイギリスの雑貨と家具です。


本物にこだわるあまり、一念発起して、つたない英語でイギリスまで買い付けに行きました。
数ある中から商品のコンディションがよいものだけを紹介しています。


仕事と2児の子育てに奮闘中。大阪在住。

インテリアコーディネーターですが、現在は休業中。


イギリスやヨーロッパの雑貨ってどこに売ってるのだろう?とお探しの方と巡り合えますように・・・。



にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
にほんブログ村

ブログランキングに参加しています。ぽちっと押していただけたら、励みになります。

最新記事

カテゴリ

アンティーク雑貨 (21)
イギリス買い付け日記 (9)
イギリス話 (4)
おしらせ (9)
本 (2)
暮らし (16)
おでかけ (2)
お店紹介 (3)
料理 (1)
日々の出来事 (8)
- (0)

最新コメント

月別アーカイブ

ブロとも一覧


ロンドン工夫しながら豊かな生活

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR